kotobar
少しずつでもいいから水車を回し続けることが大事だと思っています。止めてしまったら、錆ついてしまうから。