kotobar
どうして毎日会社に行くのか、その理由がわかったよ。なにか理由があるはずだと思ってた。いまそれがわかった。会社から帰って、きみの顔を見る、その楽しみのためだったのさ。