kotobar
彼らはみなそれぞれに名前を持っていました。そしてみな誰かに愛されていました。